故郷はいいもんだ

b0221579_11103865.jpg

といいつつ、いきなりアイス!

これは、山形県寒河江市にあるチェリーランドのアイス。

こめ(つや姫)とゴマだね。

このアイス、息子が大好きで、亡くなった父は息子にちょー甘甘で、山形滞在中は毎日のように
チェリーランドに連れて行き、このアイスを与えていたらしい。

息子はこめと抹茶を買った。

初めて山形新幹線に乗せて一人旅をさせたのが10歳の時。

それから頻繁に、その頃売り出していたJRの『土日きっぷ』を利用して山形に行っていた息子。

前日の金曜日までに『土日きっぷ』なるものを購入すると、新幹線の指定席も取れるきっぷが
小学生3000円だった。

詳しくはもう説明できないけど、3000円で息子は週末になると山形に行くことが多かった。

もちろん、水泳に支障ない程度に。

初めて行かせたとき、送り出した東京でもハラハラ。

迎える山形でもハラハラ。

山形に到着した息子のことを父がどのような思いで迎えたか、後に母から聞いた。

大勢のお客さんの後から降りてきてホームに立った息子。

当時お気に入りだった白いナイキの野球帽をかぶり、ホームに仁王立ち。

そして、じいちゃんの顔を見るなり、ニヤリ・・・としたらしい。

男の子を持ったことがない父は、そのニヤリ・・・に男らしさを感じ、、、、
メロメロだったらしい。

なにも親孝行できなかったけど、男の子の孫を見せてあげれたから、良かった001.gif

一周忌法要のために山形行ったけど、広がる大自然は蒼く香り、はるか彼方には白い月山が。

気温も程よく、子どもの頃に遊んだ寒河江川の水も清く。

ふるさとはいいもんだ
[PR]

# by kuro-pula | 2012-06-04 11:33

一周忌法要の準備がいそがしい

親戚の希望をあれこれ聞き、一周忌法要を5月末にすることに。

春とはいえ、東北の春は寒いのです。

昨年の3月、葬儀の時はあたり一面雪で真っ白に覆われていて、家の中も寒くて
石油ファンヒーターを何台もガンガンつけてたんだよね。

忙しさの中で、なんとなく耳に入ってきた「灯油がない」「ガソリンがない」「食料がない」

車で葬儀に駆けつけた親戚は車を置いて帰宅したり、何とか新潟回りで東京に戻ったり。

くろプラの夫は仕事の関係上葬儀翌日3月17日午前7時タクシーで山形空港に向かい、
板橋区の自宅にたどり着いたのは翌18日午前2時くらい。

大変な時期だったからか、親戚が暖かく静かな5月GW明けがいいと希望を出してきたんですよ。

山形は6月に入るとサクランボの収穫で途端に忙しくなるのです。

なので、ぎりぎりの5月末、父を偲びます。
[PR]

# by kuro-pula | 2012-05-12 10:34

吹奏楽部あるある

b0221579_22161431.jpg


先日の祭りの時に後輩の一人が持参した、『吹奏楽部あるある』

購入した。

あるある。

ほんとにあるある。

ちょっとだけ語らせて。

コンクール演奏直前、指揮者が口パクで何か語る、って。

あるよね~

でも、指揮者には悪いけど、あんな緊張しているとき読唇なんかするもんか!!

それと、吹奏楽部引退してから、編。

子どもが吹奏楽部に入るとあれこれ語ってうざがられる、って。

それも、あるよね~

くろプラん家も、亭主がひどかったよ。

娘が小学3年が終わる頃「吹奏楽部に入ってシーちゃんとタンバリンやるんだ!」と言い出した。

亭主は途端に舞い上がり「トランペットやらせてもらいなさい!トランペットやらせてもらい
なさい!楽器がないって言われたら俺のをあげるから。」

くろプラは、ええっ~~?小学生にBACH持たせるのっ??

非常識&恥ずかしい

それと同時に、“俺のトランペットがなくなりゃ買うってこと”と恐ろしいことばかり思い浮かんで
「タンバリンって言ってんだからタンバリンでいいじゃない!」と言ったけど、舞い上がり全開の亭主。

幸いに、学校にはトランペットあったし。

結局、青森市の筒井小学校で吹奏楽部に入った娘は、一度コンクールに出て、父親の転勤のために
転校した。

転校先の盛岡市の城北小学校では、どうしても嫌だと言い、入らなかった。

当時の城北小学校はマーチングに力を入れていて、青森の先生も絶賛するほどの学校だったみたい
だけど、マーチングには踊るパフォーマンスも含まれていたらしく、娘はそれが嫌だったみたい。

城北小学校 今は、マーチングバンドじゃなく吹奏楽部として、小学校の部では東日本大会常連校になっている。

娘は二度と吹奏楽部に入らず夫はがっかりだったかも。

それから数年。

8歳違いの弟は4年生で北区の小学校で音楽クラブに入った。(いや、入ってもらったのかも・・)

さぁ、大変。

さっそく、小学生の息子のために御茶ノ水の下倉楽器に行き、子供用のゲッツェンのコルネット
を買ってしまった。

熱く語るなんてもんじゃないよね。

結局、音楽クラブには男子は2名。

今は吹奏楽男子が少ない時代、上級生に「男のくせに音クラかよ」と言われたらしく、
途端にしょんぼり

更に、先生に「MY楽器で喜んでやる子もいるかもしれないけど、レオちゃん控えめだから人と
違う楽器が嫌なんです」と言われた。

日ごろから馬鹿ばかり言ってるくろプラは「すみませ~ん、顔と性格が母似なんです」と言いつつ
あわててみんなと同じ学校のYAMAHAのコルネットを持たせてもらったけど、息子は翌年やめた。

夫の描いてた夢。

小学時代に使ったゲッツェンのコルネットはボコボコに凹み、そのまま小学校に寄付。

中学入学と同時に新品のええやつを買ってやるつもりだったらしい。

コルネットは新しいまま夫のラッパケースと並んで静かに眠っている。

娘は中学時代、軟式テニス部に入り、鬼のような顧問になつき、恐ろしい罵声を
「神様のささやき」と言い表した。

息子は水泳競技に夢中になり、自分のタイムはもちろん、他人のタイム、更に前回計測の他人の
タイムまで憶えていて、水泳一色の中学時代を過ごした。

冗談で「吹奏楽部に入ったら毎月2000円のお手当てを出す」と言ってみた。

「嫌だよ」と即答。

そしたら夫が横から「5000円出すぞ」と。(おい!おい!)

息子は「う~ん」と一瞬悩んだけど「やっぱり嫌だよ」

まっ、吹奏楽やらなくてよかったかもよ、息子!

おやじにウザく語られてトコトン嫌になってたかも。
[PR]

# by kuro-pula | 2012-05-10 12:55

再開? 再会?

やっと暖かくなってきたね。

それにしても昨日の嵐には参った。



4月末に、今くろプラが地元と呼ぶ北区界隈のお祭りに、くろプラ率いるバンドが出た。

本来のメンバーが集まらず、年明けの同窓会で再会した東北の仲間たちに応援を頼んだら
みんな「いいよ~」と返事くれて、遠方はるばる来てくれた。

ありがとう!!

元々のメンバーとも打ち解けてくれて。みんなにも又来てもらいたい、と
言ってもらって、くろプラは嬉しい!!

遠くから来るけど、エキストラじゃない、気分はわがバンドのメンバーになったんだと思う。

実際、正式なメンバーになった後輩もいるし。

昨年は活動が停滞していたから、これを機に再開だぁ

みんな、好き好んで大学入ってからもやり続けた吹奏楽。

結局、お好きなのよね~~

b0221579_12183138.png


傷ついた東北での美しかった思い出と、仲間の思い出を胸にしまってあると
思うんだ。

連絡が取れない人もいる。

でも、来てくれた昔の仲間たちは少しは元気になったかな?

人と人が結びついた演奏ができたと思う。

東京の仲間と、東北の仲間。

入り乱れて、いい絆の演奏ができたと思う。

再建しましょう
[PR]

# by kuro-pula | 2012-05-07 12:25

みんなで!

4月29日、地元のイベントにくろプラたちのバンドが出る。

去年は震災の直後で中止だった。

みんなの意識も変わった、生活が変わって忙しくなったメンバーも体調を崩した
メンバーもいる。

それで、わがバンドなかなか参加者が集まらなく困ってしまった・・・んですよ。

でも、負けちゃいられない!

震災前みたいに戻さなきゃ。

そんなわけで、年明けの同窓会をきっかけに連絡先を再開発したので、そこにダメ元で
お願いしたら、思いがけず何とかなりそう。

栃木県からくる後輩。

先輩の息子くん(彼もくろプラの後輩さ)。

福島からくる後輩なんか、その頃娘さんの引越しがありそうなんだけど、何とか時間をやりくり
してくれるんだって。

東京在住の後輩は娘さんも伴って参加してくれる。

元々のメンバーの中学生の息子くんはお母ちゃんと一緒のステージだ。

今回は、復興支援とか。

わがバンドwith 東北人だ。

家族とか、昔の仲間とか、助っ人とか、ほんとの絆で組み立てられる即席バンドではあるけれど
わくわくする。

震災があったから、人が人を求め、つながり熱くなったバンドのような気がする。
[PR]

# by kuro-pula | 2012-04-16 13:03
line

仙台の仲間達、みんな元気かな?


by kuro-pula
line