女川出身のおばさん

5月末の父の一周忌で里帰りした時に、どうしても気になっている、昔のおばさんの消息を
探ろうと試みた。

昔のおばさんっていう呼び方の変なわけは、叔父の前の奥さんだから。

叔父は訳あって離婚して、今は別の家庭を持ち高校生の子どももいる。

別れたおばさんは、くろプラや妹を可愛がってくれ、くろプラよりも年上の従兄弟も叔父夫婦を慕っていた。

気さくな気のいいおばさんだった。

くろプラは、、結婚式前夜、集まった親戚に「ほら、あれ言わないのか?
長い間お世話になりました、って」と冷やかされた。

実は結婚しても、根が甘ったれのくろプラは、これからだってお世話になろうとしてたし
何より親子の縁が切れそうで寂しくって仕方なかったのよ。

口が裂けても改まったことなんか言うもんか、と思っていたくろプラ。

ところが、親戚の一人がしつこく言わないのか?言わないのか?
と言い。

父は、というか親子の間にはその数日前から挨拶以上の空気が漂っていたから、
必要なかったと思ったのか「俺はそんなこと言われなくてもいい」と言っていた。

泣き虫のくろプラ、逆にその父の言葉を聞いて堪えられなくなり、おばさんに抱きついてみんなの前で号泣してしまった。

血のつながりが大勢いる親戚の中で、血のつながりのない叔父の奥さんに抱きついたくろプラ。

大好きだった。

夫婦の間に何があったか知らないが、もう会っていない。

そのおばさんは宮城県女川町の出身なんだよね。

父の葬儀や納骨、一周忌と叔父におばさんの消息をそっと聞いた。

叔父も今の奥さんと子どもに気遣い、くろプラとコソコソ話。

東京在住の叔父は、一人でおばさんの実家の近くまで行ってみたりしたらしいけど、
変わり果ててしまい、もう何がなんだかわからない、と言っていた。

くろプラは実家にあった古い電話帳を携帯で撮影してきて、電話をかけてみたが通じない。

どうぞ無事でいてください。
b0221579_1732281.jpg

[PR]

# by kuro-pula | 2012-08-19 17:20

今頃!?

オリンピック終わりましたね。

水泳、北島選手が金メダル取れなくて残念でした。

でも、あの潔さは尊敬いたします。

北島選手にはいい思い出頂きました。

息子が東京スイミングに通っていた、数年、特に北京の時はスイミングセンターに集まってみんなで
応援したらしい。

記念品も貰ってきて、今も大切に使用している息子です。

実は、くろプラは卓球の福原愛選手の隠れたファンです。

小さい頃から注目しておりました。

『泣き虫愛ちゃん』と呼ばれていた頃から。

負けると泣く。

とにかく泣く。

小さな体で上手な愛ちゃんだったけど、負けて泣きじゃくる愛ちゃんを見て、将来が
なぜか心配だった。

負けず嫌いで注目されていたけれど、注目のされ方が腑に落ちなくて「大丈夫かな?」と思ったことも(余計なお世話だけど)

ところが、小学生になり時々観る映像、中学生になったときの映像と映し出される。

小さな頃から注目してたけど、いつの間にか立派な選手になっていて、ファンで良かった!!!
と思っていた。

今回、銀メダル取った時の美しい涙。

思わず、目頭が熱くなったくろプラ。

極めた人が流した、泣き虫愛ちゃんが流した涙はとても美しかった。

ありがとう!愛ちゃん。
[PR]

# by kuro-pula | 2012-08-15 22:39

さくらんぼ

くろプラは山形の農家の長女だった。

代々続いた田畑を耕して生活していた農家の跡取りだった。

主な作物は米とさくらんぼ。

山形といったって、どこの家でもさくらんぼを作っているとは限らないんだけど、
くろプラの家は米とさくらんぼだった。

それで、大きくしてもらったんだよ。

昨年父がいなくたってすぐ、農家は作業に取り掛かるところで、最上川と寒河江川が合流する
あたりのさくらんぼ畑には、父が取り掛かっていた剪定の残骸があったらしい。

畑は手を入れないと途端に荒れてしまうので、すぐに手放して、実家には家の敷地にある数本の
さくらんぼの木だけが残った。

悲しみでボロボロの母は、山形で生まれ育ったくろプラ姉妹のために、庭のさくらんぼを
送ってくれた。

まずかった。

間引きも剪定もしない木で生った実は、白く小粒でところどころ千切れた軸がくっついていた。

庭のさくらんぼは酸っぱいと子どもの頃から知っていた。

母は土が合わないから酸っぱいんだ、と言う。

冷蔵庫の中の酸っぱいさくらんぼは腐ることもない。

もう、さくらんぼも無くなってしまい、父がいなくなったことでこんなに変わってしまうんだ、
と寂しかった。

果物屋で買えばさくらんぼは食べられる。

でも、母だけじゃない、くろプラだって父がいなくなってダメージ受けてた。

意地でもさくらんぼは買いたくなかった。

ありがたいことに、父の姉、伯母が送ってくれたけど。



若い頃は、次々に送ってくる父のさくらんぼを食べ切れなくて冷凍にしたこともある。

製氷皿に入れて氷に閉じ込めたこともある。

腐らせて捨てたこともある。

父の最後のさくらんぼは、2年前の郵便局ゆうパック遅延問題で打撃を受け、
ちょっとしかもらえなかった。



今年、母が、ほんとに一人で作ったさくらんぼが昨夜届いた。

こんなにちょっぴりの庭のさくらんぼ。

妹とくろプラの家に少しずつしか取れなかったみたい。

実生りが悪いせいか粒も大きい。

きれいなさくらんぼ。

食べたら、思った以上に甘い。

がんばった、がんばった、がんばった。

食べたら涙が出そうだった。

母が生まれて初めて、たった一人で作ったさくらんぼ。

離れて暮らすくろプラの娘にも食べさせたかった、と母は嘆いた。

まさか、こんなにおいしいさくらんぼとは知らず、娘に送ってもらうつもりはしてなかった。

母は、初孫の娘に食べさせたかった、と何度も言った。

「ばあ、がんばったなぁ」と言った。

母は、ややテンション高く「ありがとうー」

来年は娘にも送ってもらおう。
b0221579_11392769.jpg

[PR]

# by kuro-pula | 2012-07-10 19:02

いらいら

いらいらするのは体に良くない。

でも、先日7月7日(土)あたりから、いらいらする。

・・・・・・・・

原因は、落花生。

なにも、落花生に腹立てなくても・・・

ごめんね、落花生。

あんたが悪いんじゃないよ。

食べる夫が散らかす、散らかす。

全く几帳面とは縁遠いくろプラだけど、そんなくろプラがいらいらするほど、散らかす。

なので、早くなくなるようにお手伝いして、食べてあげました。

今朝、最後の落花生を美味しく頂きました!!
[PR]

# by kuro-pula | 2012-07-09 16:46

梅雨入り

とうとう関東地方も梅雨入りしたよう。

洗濯物は乾かない。

乾かないだけじゃない、臭ってくるのは我慢ならないよね。

くろプラは年中洗濯物はベランダに干しても室内に干しても仕上げに乾燥機に入れる。

衣類はしわくちゃだ~

前はTシャツにもアイロンをかけていたけれど、一緒にPTAやってた会長に
「おれだったらそんなTシャツ着たくないなぁ」と言われアイロンかける気がうせてやめた。

しわくちゃでも臭うよりはいいや、着てればしわものびるし。

でも、乾燥機に入れて難儀するのはYシャツ。

これはアイロンかけるんだけど、乾燥機上がりのYシャツはしわがのびない!

乾燥機に入れなくても薄いから臭う前に乾くので大丈夫!
[PR]

# by kuro-pula | 2012-06-11 12:26
line

仙台の仲間達、みんな元気かな?


by kuro-pula
line