<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


さくらんぼ

くろプラは山形の農家の長女だった。

代々続いた田畑を耕して生活していた農家の跡取りだった。

主な作物は米とさくらんぼ。

山形といったって、どこの家でもさくらんぼを作っているとは限らないんだけど、
くろプラの家は米とさくらんぼだった。

それで、大きくしてもらったんだよ。

昨年父がいなくたってすぐ、農家は作業に取り掛かるところで、最上川と寒河江川が合流する
あたりのさくらんぼ畑には、父が取り掛かっていた剪定の残骸があったらしい。

畑は手を入れないと途端に荒れてしまうので、すぐに手放して、実家には家の敷地にある数本の
さくらんぼの木だけが残った。

悲しみでボロボロの母は、山形で生まれ育ったくろプラ姉妹のために、庭のさくらんぼを
送ってくれた。

まずかった。

間引きも剪定もしない木で生った実は、白く小粒でところどころ千切れた軸がくっついていた。

庭のさくらんぼは酸っぱいと子どもの頃から知っていた。

母は土が合わないから酸っぱいんだ、と言う。

冷蔵庫の中の酸っぱいさくらんぼは腐ることもない。

もう、さくらんぼも無くなってしまい、父がいなくなったことでこんなに変わってしまうんだ、
と寂しかった。

果物屋で買えばさくらんぼは食べられる。

でも、母だけじゃない、くろプラだって父がいなくなってダメージ受けてた。

意地でもさくらんぼは買いたくなかった。

ありがたいことに、父の姉、伯母が送ってくれたけど。



若い頃は、次々に送ってくる父のさくらんぼを食べ切れなくて冷凍にしたこともある。

製氷皿に入れて氷に閉じ込めたこともある。

腐らせて捨てたこともある。

父の最後のさくらんぼは、2年前の郵便局ゆうパック遅延問題で打撃を受け、
ちょっとしかもらえなかった。



今年、母が、ほんとに一人で作ったさくらんぼが昨夜届いた。

こんなにちょっぴりの庭のさくらんぼ。

妹とくろプラの家に少しずつしか取れなかったみたい。

実生りが悪いせいか粒も大きい。

きれいなさくらんぼ。

食べたら、思った以上に甘い。

がんばった、がんばった、がんばった。

食べたら涙が出そうだった。

母が生まれて初めて、たった一人で作ったさくらんぼ。

離れて暮らすくろプラの娘にも食べさせたかった、と母は嘆いた。

まさか、こんなにおいしいさくらんぼとは知らず、娘に送ってもらうつもりはしてなかった。

母は、初孫の娘に食べさせたかった、と何度も言った。

「ばあ、がんばったなぁ」と言った。

母は、ややテンション高く「ありがとうー」

来年は娘にも送ってもらおう。
b0221579_11392769.jpg

[PR]

by kuro-pula | 2012-07-10 19:02

いらいら

いらいらするのは体に良くない。

でも、先日7月7日(土)あたりから、いらいらする。

・・・・・・・・

原因は、落花生。

なにも、落花生に腹立てなくても・・・

ごめんね、落花生。

あんたが悪いんじゃないよ。

食べる夫が散らかす、散らかす。

全く几帳面とは縁遠いくろプラだけど、そんなくろプラがいらいらするほど、散らかす。

なので、早くなくなるようにお手伝いして、食べてあげました。

今朝、最後の落花生を美味しく頂きました!!
[PR]

by kuro-pula | 2012-07-09 16:46
line

仙台の仲間達、みんな元気かな?


by kuro-pula
line