絵を描くこと

くろプラの娘は小さい頃からお絵描きが大好きだった。

ひとりっ子時代が長かったからだとずっと思ってた。

中学生の頃、休み時間も1人で絵を描いてる、と他から聞こえてきて、友達がいないのかと心配した。

高校3年夏「美大に行きたい」と突然言い出した。

高校は「お母さん、浪人覚悟して下さい。お父さんに頼んで予備校に通わせてもらいなさい。明日、美術部に入りなさい。勉強は学校がサポートするから」と、バタバタ。

夫は取ってつけたような希望進路に猛反対。

予備校は普通の予備校に行かせた。

娘はふて腐れてしまった。

でも、自室でずっと絵を描いてて、床は木炭で真っ黒だった。

予備校に行かないから、ずっと高校の美術の先生が指導してくれた。

大好きなことが出来ななった夫に「好きなこと出来なかった自分と同じ思いをさせるの?」と問うたところ、「うん」と一言唸って、夫の目が変わった。

「やれ!」と夫。

浪人覚悟で臨ませたが、多摩美大に入った。


息子も姉ちゃんみたいな進路を希望している。

どうなるか?の状況の今。

昔の吹奏楽部の仲間達の近況が、チラホラ入り続けてる。

驚いた事に、美術をやってる子どもの親になった人が何人もいるんだ。

長男がG大目指して浪人中のK君。

長男がG大生のMちゃん。

お嬢さん二人が美大生のSさん。

また、みんなで集まった時は共通の話題が広がるね!
[PR]

by kuro-pula | 2012-09-03 01:03
line

仙台の仲間達、みんな元気かな?


by kuro-pula
line